企業理念と経営ビジョンの制定について

制定日:2022年7月1日

この度、今後我が社がお客様への価値向上のために不可欠な企業になることを大目的として、また次の中期3ヶ年・長期10ヵ年計画作成ならびに単年度基本方針・目標の作成に先駆け、企業理念を刷新すると共に新たに経営ビジョン2022を制定することと致しました。

企業理念

モノづくりを通じて社員や関わるすべての人を喜ばせ、笑顔にし、より良い人生を実現する

企業理念の制定を機に、再度全社員の基本的価値観及び目的意識の再認識ならびに共有を図りました。
具体的には弊社の社会に対する企業使命として改めて「ものづくり」を認識。その中において高付加価値を生み出す製造業を目指す為の風土向上及び社員の力や人生の豊かさを最大限に引き出せる環境作りがいかに重要であるかを再認識する上で制定することと致しました。

経営ビジョン2022

社員第一主義であること
常に幸福であり続けること

上記を達成するために私たち小桜は以下の3つの「幸せ」を追求し続けることをここに宣言致します。

自らの幸せの追求(やりがい、生きがいへの飽くなき追求)

自らが幸せで無ければ関わる人を幸せにする事は不可能であるという考え。自身の幸せの結果のみならずそのプロセスも幸せに感じてほしい。このための行動を会社で、組織で考えて実行・実践していく。

関わる人々への幸せの追求

人を幸福にすることが一番の幸福であり、人を喜ばせようという気持ちがとても強い力を生みだすという考え。まずは自身と関わる方々の幸せを願いながら、その為の行動を具現化していく姿勢を常に追求していく。

会社組織の幸せの追求(社会的な存在価値の追求)

なくてはならない会社、なくては困る会社であり続けるために何ができるかという考え。+αの付加価値を常に意識し、その為の行動を常にPDCAサイクルで振り返り次回に生かすことができる会社であり続ける。

経営ビジョンにつきましては、「関係者皆様」への貢献、「会社」への貢献、社員(仲間)の幸福の3観点で、将来目指すべき姿を設定させて頂きました。 企業理念と経営ビジョン2022の制定を機に、社員1人1人が3つの「幸せ」に命を吹き込んで、仕事の道具、個々の従業員の価値判断や行動基準となるよう実践の中で浸透していくことをテーマとします。加えて社員のご家族の方々にも各自の仕事に誇りと自信をもたらすものにしたいと思っております。 変わらぬご指導ならびにご鞭撻のほど、宜しくお願い申し上げます。

outline会社概要

商号 有限会社小桜
設立 1961年4月1日
代表者 田中 恒
資本金 350万円
事業内容 各種金属部品精密加工
大型部品加工・組立
新規・改造設計業務
所在地 本社・工場
〒184-0005 東京都小金井市桜町2-12-40
TEL 042-384-2669
FAX 042-385-8436
従業員 9名
決算期 3月
取引銀行 多摩信用金庫
青梅信用金庫
西武信用金庫
山梨信用金庫
営業時間 8:30~17:30

CONTACTお問い合わせ

042-384-2669

受付時間:9時~18時